人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】シリーズ累計150万足以上売れているピップ「スリムウォークBeau-Acty」シリーズ

2020.10.13

■連載/ヒット商品開発秘話

 ピップが2018年3月に発売した『スリムウォーク Beau-Acty』シリーズの売れ行きが好調だ。発売開始からこれまでに、シリーズ累計で150万足以上売れている。 

『スリムウォーク』は同社の着圧レッグウェアブランドだが、Beau-Actyと銘打ったサブブランドはスポーツ時に着用するレギンスやショーツなどを展開。現在、〈美脚&美尻レギンス〉〈燃焼シェイプレギンス〉〈燃焼シェイプショーツ〉〈美尻ショーツ〉〈リカバリーレギンス〉〈スタイルキープレギンス〉の6種類をラインアップしている。

美脚&美尻レギンス

初心者が手を出しやすいところにポジショニング可能

 企画されたのは2016年秋。『スリムウォーク』の着用シーンを広げる観点から企画された。

『スリムウォーク』はこれまで主に、外出用、就寝用、室内用で商品を投入してきた。新たな着用シーンを模索する中でスポーツに着目したのは、美容や健康を目的にスポーツを始める女性が目立ってきたことだった。

 ターゲットは運動不足解消やダイエット、美容を目的に週1回程度、体を動かす女性とした。商品開発事業本部スリムウォークブランド担当の山本明奈さんは、次のように振り返る。

「スポーツアパレルから発売されているウェアは値が張り、これからスポーツを始める初心者や軽く運動したい人には手が出づらいところがあります。しかし『スリムウォーク』は価格が2000〜3000円程度と手頃で、身近なドラッグストアで購入可能。ターゲットとした人にとって、『スリムウォーク』の販路と価格帯はマッチします。ブランドの信頼感もありましたので、初心者が手を出しやすいところにポジショニングできると判断しました」

ピップ
商品開発事業本部スリムウォークブランド担当
山本明奈さん

動きやすさと丈夫さにも神経を使う

 まず開発することにしたのが〈美脚&美尻レギンス〉。履くだけで簡単にスタイルアップできるものを投入したいと考えたためであった。

 美脚を実現するのが、『スリムウォーク』ブランドの基本機能として採用されている「段階圧力設計」である。足首から上に向かうほど圧力が低くなっており、脚が軽やかに動かせる上に着圧ひきしめで脚を細く美しく整える。

 一方、美尻の実現を目指して採用したのが「3Dヒップアップ設計」である。裏側の一部に伸びにくい生地を採用しており、履いてからそこに尻を合わせるとヒップアップ。他のところよりしめつけがきついことから、未着用時と比較するとヒップ下部の高さが平均で2.3cm(21〜47歳[平均年齢30歳]の女性13名のヒップ下部[太ももからヒップにかけての変曲点]の高さを測定した差異の平均値。最小値+0.5cm、最大値+4.1cm)アップする。

美脚&美尻レギンスの「3Dヒップアップ設計」。商品タグがある尻周辺の編み方が他と違い伸びにくいものになっており、しめつけ感がある

「ストッキングタイプの『スリムウォーク』ではもともと、ヒップアップの機能を盛り込んでいましたが、見ただけでヒップアップしたことがわかるよう、より高さが出るものにしました」と話す山本さん。どれだけアップするかを具体的な数字で表したかったという。

 美脚と美尻もさることながら、初のスポーツ専用であることから、着用時の動きやすさや丈夫さには神経を使った。つくった試作品は150パターン近くにのぼり、検証に協力してもらったモニターは200名以上。初心者だけでなく陸上部に所属する大学生のように運動強度の高い人にも協力してもらい、誰がどのような使い方をしても問題ないレベルに仕上げた。

レギンスとショーツでは異なるユーザー層

〈美脚&美尻レギンス〉の発売後、同社は徐々にラインアップを拡大。2018年9月に〈燃焼シェイプレギンス〉、2019年3月に〈燃焼シェイプショーツ〉〈美尻ショーツ〉、2020年3月に〈リカバリーレギンス〉同9月に〈スタイルキープレギンス〉を追加した。

〈燃焼シェイプレギンス〉と〈燃焼シェイプショーツ〉は、消費カロリーが上がり脂肪燃焼をサポート。運動時に太ももから尻の筋肉に負荷が掛かり消費カロリーがアップする。これは太ももの裏から尻にかけて「テーピングレイアウト構造」を採用したためで、ランニング時と歩行時のエネルギー消費量を、呼気ガス分析装置を使って非圧着レギンスと比較したところ、エネルギー消費量の増加が確認されている(n=11、平均年齢21.8歳)。

燃焼シェイプレギンス

燃焼シェイプショーツ

燃焼シェイプレギンスと燃焼シェイプショーツに採用されている「テーピングレイアウト構造」。写真上部が「テーピングレイアウト構造」を採用したところで、他の部分より伸びにくい編み方をしたことにより、走っているときなどに足が上げづらくなっている

〈美尻ショーツ〉は〈美脚&美尻レギンス〉同様、「3Dヒップアップ設計」を採用しているが、〈美尻ショーツ〉の方がヒップアップ。未着用時と比較するとヒップ下部の高さが平均で2.5cm(平均年齢33歳の女性10名のヒップ下部[太ももからヒップにかけての変曲点]高さを測定した差異の平均値。最小値+1.2cm、最大値+3.3cm)アップする。

美尻ショーツ

 スポーツ後のアフターケアのために着用する〈リカバリーレギンス〉では、「段階圧力設計」と「ふくらはぎプレスアシスト」を活用。「ふくらはぎプレスアシスト」とは、ふくらはぎのところにグレーの楕円形のシールを転写したもので、周りの生地より伸びにくい。「とくに疲れを感じやすい、ふくらはぎ部分を集中的に整えます」と山本さんは話す。

リカバリーレギンス

リカバリーレギンスに採用されている「ふくらはぎプレスアシスト」

 また、〈リカバリーレギンス〉は同社初のカットソータイプのレギンスだ。協力会社の知恵を借りながら完成させたが、カットソータイプをつくることにした理由を、山本さんは次のように話す。

「レギンスはこれまで編んでつくっていたので、ショートパンツを履かないと透けてしまいますが、『何も重ねなくてもいい一枚履きできるものが欲しい』という声を多くいただていました。いろいろ試作してみたのですが、一枚履きできるレギンスは編んでつくることが難しかったことから、カットソータイプをつくることにしました」

 ヨガをする人をターゲットにした〈スタイルキープレギンス〉もカットソータイプで一枚履きが可能。「段階圧力設計」や「3Dヒップアップ設計」を採用したほか、腰回りをひきしめ安定感を高める「骨盤ひきしめ設計」を盛り込んだ。

スタイルキープレギンス

 面白いのが、レギンスとショーツでユーザーの年齢層が異なること。レギンスは20〜30代が約半数、ショーツは40〜50代が半数以上だという。もともとレギンスのみ展開する予定でショーツは開発の予定がなかったが、「年齢が上がるとジャージやスウェットを履いて運動される方がいるので、その人たち向けにインナーでもシェイプアップやスタイルアップできるものをつくることになりました」と山本さんは話す。

レギンスタイプとショーツタイプの購入者属性の違い。左がレギンスタイプ、右がショーツタイプの結果になる。

インフルエンサーの力も借りECサイトでの売れ行きを伸ばす

『スリムウォーク Beau-Acty』シリーズは、コロナ禍にあってECサイトでの売上を伸ばしている。とくに〈燃焼シェイプレギンス〉〈燃焼シェイプショーツ〉は好調で、3月30日週〜4月13日週の出荷金額が3月9日週〜3月23日週の201%増になったほど。コロナ太りの解消から宅トレブームの波に乗った。

 そこで同社は、SNSでの販促活動を強化。インフルエンサーによるエクササイズのインスタライブやYouTubeでのエクササイズ動画の配信を実施する。

 協力してくれたインフルエンサーは、モテクリエイターのゆうこすさんなど、10名ほど。インフルエンサーを活用した動画配信はアクセス数が高く、ECサイトでの売上をさらに押し上げた。

取材からわかった『スリムウォーク Beau-Acty』シリーズのヒット要因3

1.スポーツアパレルとの差別化が図れた

 スポーツアパレルがターゲットとしている競技やトレーニングに打ち込んでいる人たちではなく、週1回程度、ダイエットや美容を目的に体を動かす人たちをターゲットに設定。差別化を図ったことが奏功した。

2.ポジティブなイメージを構築

 美脚やスタイルアップを実現する『スリムウォーク』ブランドが持っていた「美」のイメージを継承。スポーツという健康的な要素もプラスされ、ポジティブなイメージをつくり上げることができた。

3.買いやすい

 身近なドラッグストアやECサイトで購入可能。スポーツ初心者には買いやすく親近感を覚えやすかった。

「より多くの方々に『スリムウォーク Beau-Acty』を知っていただき、使っていただけるようターゲットに新たな提案を行ない、ラインアップを広げていきたい」と話す山本さん。『スリムウォーク Beau-Acty』シリーズは今後、初心者に限らずスポーツをする女性を幅広くサポートすることになりそうだ。

製品情報
https://www.slimwalk.com/special/

文/大沢裕司

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。