人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハウジングに麻繊維を使って真空管アンプのような響きを奏でるGRADOのヘッドホン「The Hemp Headphone」

2020.10.15

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

カエデと高圧縮の麻で作られた複合材ボディ

グラドはN.Y.ブルックリンを拠点にしたヘッドホンメーカーである。オープンエアの響きを大切にしたモデルが有名だが、今までも様々な種類の木材を使ったハウジングを製品化してきた。今回、同社が選んだのはメープル材に麻の繊維を圧縮した外見もユニークなハウジングだ。

The Hemp Headphone」は、本機専用にチューンされたドライバーと新型イヤパッドを搭載したリミテッドエディションとして2020年9月10日から発売された。

シンプルな紙のパッケージは各モデル共通で型番などのステッカーが張られている

本体は200gと軽量でケーブルを入れても300g。8芯ケーブルはやや太目で取り回しが悪い

ハイスピードでヌケがいい高域と艶やかな中域

グラドと言えば、開放型でヌケがいいのが信条のブランドである。国産メーカーのようにドライバーにこだわったりせず、ほぼ同じドライバーをモデルによってチューニングして使っている。イヤーパッドの質感もゴワゴワで通気性は抜群だがフィット感はよくない。しかし、音楽が始まればそんな事はどうでもいいと思わせてくれる。

これぞ開放型という音離れの良さと立ち上がりの良さが抜群。米津玄師「感電」のイントロでは3次元的に空間に音が飛び回る。低音はタイトで、音楽の主役はあくまでもボーカルだ。Tony Bennett、Diana Krall 「Love Is Here To Stay/'S Wonderful」(96kHz/24bit)を聴けば、トニー・ベネットとダイアナ・クラールの豪華な歌声が甘く響く。これが麻の効果かどうかは分からないが、真空管アンプを使った時のような芳醇な響きが乗ってくるのだ。滑らかで甘い響き、女性ボーカルをさらに魅力的に変貌させてくれる。「The Hemp Headphone」は音に個性がある音楽的なヘッドホンに分類される。その反面、接続するヘッドホンアンプの性能に敏感に反応するモニター的な要素もあり、スマホに直挿ししても能率が高いので音量的には問題ないが、その実力を引き出すのは難しいと思って欲しい。

サイドには麻の葉のアイコンとHEMPの文字が入った木製のバッチが取り付けられている

圧縮された麻の繊維が1台1台に違う模様を浮き上がらせ限定モデルとしての満足感が満たされる

イヤーパッドは硬めのウレタン製スポンジで耳へのアタリはゴワゴワしている

ステレオミニプラグを採用して、標準プラグのアダプタが付属する

写真・文/ゴン川野

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。