人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホップの現物に触れたり、お菓子とのペアリングを楽しんだり、キリンのオンラインビール講座が想像以上に楽しい!

2020.10.13

キリンビールの横浜工場で実施されていたビール講座が、この秋からオンラインで楽しめるようになった。そこでビール好きの記者が、ビール好きの人と繋がれるという話題の『ビールをおうちでもっと楽しめる!ペアリング講座』に参加してみた。その様子を詳細レポート。

キリンビールのオンラインセミナーって?

コロナ禍で家飲み時間がすっかり増えた。せめてもの贅沢と、我が家では発泡酒からビールに切り替え、最近はクラフトビールも気になる。さらに、10月からはビールの税金が安くなる嬉しいニュースも。秋からより一層ビールを楽しまなくては…。

そんなわけで、今回参加したのが『ビールをおうちでもっと楽しめる!ペアリング講座』。

これまでキリンビールの横浜工場で実施されていたセミナーが、この秋からオンラインで実施されることに。

セミナーはオンラインミーティングアプリ『Zoom』(ズーム)を使って受講する。特設サイトから申し込むと、まずはキット一式が自宅に送付される。

記者の自宅に、セミナーの約1週間前にクール便で到着したのがこちら↓

セミナーで使用するキット一式。目隠しされた缶ビールが気になる…

・Zoom手順書、参加用URLのお知らせ、テキスト
・アルコールパッチテスト
・麦芽、ホップ各3種
・水
・缶ビール(A・B・C・D)4本
・プラスチックカップ
・試飲シート、試飲メモ
・ペアリングシート
・ペアリング用のお菓子4種
・参加のお礼:ビール2種、ミニチュアビールケース

参加のお礼として同梱されていた2本のビールは、新商品『キリン一番搾り 糖質ゼロ』『ブルックリン・ブルワリー ブルックリンソラチエース瓶』。糖質ゼロは、セミナー時点ではまだ発売前(10/6発売)のもの。ブルックリンソラチエースは、世界的に有名なNYブルックリンのビール醸造所、ブルックリン・ブルワリーのクラフトビール。どちらもビールファンには嬉しい商品だ。

ちなみに、セミナーの参加費は3000円。キットの中身をざっと見積もっても元が取れているように思え、得した気分に。

当日、指定のURLにアクセスすると…

土曜の昼下がり、ビール好きな人たちとオンラインで繋がる…

Zoom画面に今回の講師を務める草野裕美さんが登場し、セミナーがスタート。セミナー初回となるこの日は、全国から40名を超える参加者が集まっていた。

参加者は、講師の問いかけに“挙手”したり、“チャット機能”で会話したりすることもでき、双方向で楽しむことができる。参加者や講師らとリアルタイムで繋がっているライブ感もいい。

セミナーは、草野さんの司会進行により進む。ビールの原料となる麦芽やホップについて学ぶパートや、目隠しして送られてきた4種のビールのテイスティング、おつまみとの食べ合わせを考えるなど盛りだくさんな内容で、15時から17時と2時間たっぷりと楽しめる構成だ。

ビールに使うホップって何?

ビールの原料を学ぶパートでは、送付されてきた麦芽とホップを手に取りながら話を聞く。記者はホップの“現物”に触れるのはこれが初めて。

講師の草野さんの解説によると、

ビールの香りや苦みをもたらす“ホップ”とは、アサ科のつる性の植物。写真下が、毬花ホップを乾燥させたもの。中心に黄色い粒があり、これが香りや苦みを生み出す“ルブリン”と呼ばれ、これがビールの泡の素にもなるという。青々とした草原のような香り。これが、収穫したての生のホップとなると華やかな果実やフローラルの香りがするらしい。

ビールの製造工程は、乾燥させた麦芽にホップを加えた麦汁に、酵母を加えて発酵させる。この発酵過程の違いにより、ビールは主に2種類に分けられるという。

1.発酵過程で浮き上がってくる酵母を使う“上面発酵”…エール系のビール。

→グランドキリンIPA、グランドキリンホワイトエールなど、クラフトビールと呼ばれるもの。

2.発酵過程で沈殿する酵母を使う“下面発酵”…ラガー系のビール。

→キリン一番搾りやキリンラガービール、ハイネケンなど、王道の馴染み深いビール。

ビールと食べ物の“ペアリング”とは?

奥深いビールの世界に触れたところで、続いては“ペアリング”についての講義。ビールと相性の合う食べ物を組み合わせて楽しむペアリングには、いくつかの種類があるという。

・苦み+苦み=苦みが強まる、強調。たとえば、ほろ苦いスイーツに、苦みが強い黒ビールを合わせるなど。
・甘み+塩み=どちらかの味が引き立つ。たとえば、甘いスイカに、塩をかけるなど。
・苦み+甘み=苦みが抑えられる。たとえば、苦いコーヒーに、砂糖を入れるなど。
・組み合わせるとおいしさが増し、一体感を楽しめる、調和。

目隠しされた4種のビールをじっくりと味わったあと、こういった味のペアリングを考えながら、ビールとおつまみを味わってみると…。

たとえば、記者は黒ビールの苦みが苦手だったが、ほろ苦いコーヒー豆のチョコレートと合わせてみると、あら不思議。黒ビールの苦みがまろやかになり、いつもより美味しく感じるという相乗効果が。

また、エール系ビールの柑橘系の香りと、レモン風味のイカ天のペアリングは爽やかな酸味の調和を感じた。

ビールとおつまみのペアリングによって、その味わいがさまざまに変化し、何通りも楽しめるのだ。

自分なりのベストな組み合わせが決まったらオンラインで投票。その結果が随時、講師からフィードバックされる。

4種のビールそれぞれに合うおつまみはどれなのか、思う存分味わいながらベストな組み合わせを探っていくのが楽しい。自宅から参加するオンラインセミナーだからこそ、周囲の目を気にせずリラックスしてビールやおつまみを味わえるのがいい。今回初めて参加してみたオンラインビールセミナーだが、想像していたよりも盛り上がり、楽しい時を過ごすことができた。幸せなビール時間だった。

取材・文/望田真紀

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。