小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

後席の頭上近くまで広がる巨大なガラスルーフを標準装備したダイハツの新感覚クロスオーバーSUV「タフト」

2020.10.25

ダイハツ『タフト』

ダイハツ『タフト』

ダイハツ『タフト』

注目の機能・装備

ダイハツ『タフト』

全グレード標準装備の「スカイフィールトップ」は後席の頭上近くまでのびる巨大なガラスルーフ。シェード付き。

ダイハツ『タフト』

9インチのスマホ連携ディスプレイオーディオ装着車はUSBソケットは2個口。12Vソケットも同じ場所に付いている。

エンジンルーム

ダイハツ『タフト』

パワーユニットは自然吸気とターボが選べる。前者は燃焼効率を向上させた改良エンジン。CVTもスプリットギアを採用しており、伝達効率を高めている。発進時のスムーズさを比べると、自然吸気のほうが上。それでも4000回転以上になるとノイジーになる。

運転席と装備

ダイハツ『タフト』

ダッシュボードはやや高めだが厚みがあるデザイン。エアコンの吹き出し口やシフトレバーまわりをオレンジ色でアクセントをつけているが、なぜかおしゃれな感じはしない。着座位置を下げてもインパネの下の部分が乗り降りする時に膝に当たるのが残念。

シートスペース

ダイハツ『タフト』

座席は全グレードでカモフラ柄の表皮が標準仕様。前席はレバーで調節できるが、後席はリクライニングもスライドもしない。これはスライド機構を装備すると着座位置が60mmほど高くなってしまうため、後席の頭上スペースが狭くなることを避けたことによるものだとか。

ラゲージルーム

ダイハツ『タフト』

ダイハツ『タフト』

ダイハツ『タフト』

後席は固定されているので、奥行きは約370mmで固定。後席背もたれは2分割の可倒式。倒すと荷室はフラットで広めのスペースに変わる。グローブボックスをはじめ室内には多くの小物入れが設けられている。

[デザイン]絶好調の『ハスラー』にぶつけたダイハツのクロスオーバー。スタイリング重視だが女性やファミリーにどこまでウケるのか。18点

[爽快感]パワーやトルクを引き出すためにはパドル操作でマニュアルモードを選択するのがコツ。パドル操作は遅れもなく楽しく使える。18点

[運転性能]運転席は着座位置が低く、インパネが高めなので、レーシングカーに乗っているような感覚になる。女性にはやや不向きかもしれない。17点

[居住性]前席は着座位置が低めで、ダッシュボードは高め。また、センターコンソールが張り出しているため、横に移動しにくいのが残念。16点

[装備の充実度]全17種類の予防安全機能を搭載。性能不足との声もあったステレオカメラも改良され、夜間の撮影もしっかりできるようになった。18点

[評価点数]87点/100

取材・文/石川真禧照

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。