人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナ流行後、3人に1人が「ラジオを聴く機会が増えた」

2020.10.14

外出自粛期間中に家の掃除、料理、映画やアニメ、読書…全てをやり尽くしたとき、私たちは「ラジオ」の存在に気づく。

ジャストシステムが実施した調査では、新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9%と高い割合を示した。

新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9%

ラジオを普段から聴いている人のうち、新型コロナウイルスが流行してから、ラジオを聴く機会が「増えた」と答えた人は13.0%、「やや増えた」人は22.9%で、合計35.9%が増加していた。一方、「減った」人は3.6%、「やや減った」人は5.5%、「どちらともいえない」人は53.2%だった。

ラジオを聴く人の約6割は、「スマートフォン」で聴いている

ラジオを普段から聴いている人が、受信に利用しているデバイスは「スマートフォン」が最も多く(57.9%)、次いで「ラジオ専用受信機」(33.8%)、「パソコン」(30.9%)。また、ラジオを聞く時間帯として「7時から9時台」と答えた人が最も多く(21.6%)、次いで「10時から12時台」(15.3%)、「13時から15時台」(14.0%)。朝から昼にかけての時間帯に、ラジオを聴いている人が多いことがわかった。

    ※1 複数回答あり。

約3割がラジオを聴きながら、「インターネット閲覧」

ラジオを聴きながらしていることを聞いたところ、「インターネット閲覧」(33.0%)を挙げた人が最も多く、次いで「仕事や勉強」(31.2%)、「家事」(26.8%)だった。 ※ 複数回答あり。

ラジオがきっかけで、「商品を購入した」人は、約2割

ラジオを普段から聴いている人に、ラジオがきっかけとなった自身の行動を聞いたところ、最も多くの人が挙げたのは「ラジオで聴いた内容を他の人に話した」(31.4%)。次いで「紹介されていた音楽を購入」(21.8%)、「紹介されていた商品を購入」(18.7%)だった。※ 複数回答あり。

「スマートフォンからのネット接続が、1日3時間以上」の10代が、前年比で増加

スマートフォン利用者のうち、スマートフォンからインターネットに接続する、1日あたりの平均時間が「3時間以上」と答えた人の割合は13.3%で※1、2019年5月度調査(11.4%)と比べると、1.9ポイント上昇。特に、10代は、24.2%(2019年5月度調査)から、30.1%と、5.9ポイント上昇した。※1 「4時間未満」「5時間未満」「6時間未満」「7時間未満」「8時間未満」「8時間以上」と答えた人の合計。

調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2020年5月度)』
調査期間:2020年5月14日(木)~2020年5月21日(木)
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。