人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

巣ごもり消費で好調のゲーム機市場、成長持続のキーワードはネット経由で遊べる「クラウドゲーム」

2020.10.08

巣ごもり需要の長期化で、好調続くゲーム機市場。任天堂、ソニー、マイクロソフトなどがしのぎを削っているが、これから迎える年末商戦、さらにはアフターコロナを見据えた中長期的視座に立った時、どのような展望が考えられるのだろうか?

そこで今回、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が発表した「巣ごもり消費とゲーム機市場」に関するマーケットレポートを紹介していきたい。

『ゲーム機市場』は巣ごもり消費を追い風に好調

コロナ禍で外出自粛などから企業の業況が軒並み悪化するなか、『ゲーム機市場』は巣ごもり消費を追い風に都内の家電量販店などで「ニンテンドースイッチ」が完売する店舗もでるなど活況が続いている。

年末商戦に向けてソニーとマイクロソフトが新型のゲーム機を発売する予定で年末商戦への期待が高まっている。

任天堂、ソニーの好業績はゲームがけん引

任天堂の2020年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比6.4倍の1,065億円と大幅な増益となった。3月20日に発売したスイッチ用ソフト「あつまれ どうぶつの森」はわずか12日間で1,177万本を世界で販売するなど記録的なヒットとなり、ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2020年度の生産台数は期初計画から2割増の2,500万台規模と、過去最大になる模様。

ソニーの2020年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比53.3%増の2,333億円と、事前の市場予想の平均を上回る大幅な増益だった。けん引したのは、コロナ禍の「巣ごもり特需」で大きく伸びたゲーム事業。同社とマイクロソフトはともに年末商戦向けに、ディスクを挿入して遊ぶ通常版に加えてダウンロード専用機もそろって投入し販売拡大を図る。

【今後の展開】中長期的にはクラウドの台頭への戦略が必要

新型コロナの収束は見通せず、年末商戦に向けてソニーとマイクロソフトが新型のゲーム機を発売することから『ゲーム機市場』の活況は続きそうだ。

ただ両社がダウンロード専用機をそろって投入するのは、ダウンロードの比率が上昇するなどゲーム市場が大きく変わってきたことが背景にある。

中長期的には専用機がなくてもインターネット経由で遊べるクラウドゲームが、次世代通信規格「5G」などの普及でシェアを高めていくとみられている。専用機ならではの魅力を高め、クラウドゲームの台頭にそなえた取り組みが求められる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。