人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性に聞いた「浮気の認定ライン」TOP3、3位身体の関係を持つ、2位連絡を取り合う、1位は?

2020.10.08

3人に1人の女性はパートナーが他の女性と2人でデートをしたら「浮気認定」

浮気のボーダーラインは非常に曖昧だが、男女によってボーダーラインが大きく異なることが恋愛結婚学研究所の調査によって判明した。

愛カツの女性読者615人に「彼氏や夫の行動で浮気と認定するボーダーライン」を聞いたところ、1位は「他の女性と2人でデートをする」(205人・全体の33.3%)となった。

やはり女性は、下心があるかないかに関わらず、他の女性と2人でデートをしたら浮気だと思う人が一番多いようだ。

2位は「他の女性と連絡を取り合う」(109人・全体の17.7%)、3位は「他の女性と身体の関係を持つ」(76人・全体の12.4%)が続いた。

他の女性と身体の関係を持つのは完全にアウトだが、一方で連絡を取り合うだけでも浮気と思う女性は多いよう。男性にとっては意外な結果かもしれない。女性と連絡を取り合う際には、男性は浮気を疑われないように注意した方がいいだろう。

また、「他の女性と連絡先を交換する」「他の女性と連絡を取り合う」を合わせると171人・27.8%となった。実際に女性と会ったりしていなくても、女性の約3割は浮気だと思うようだ。

恋愛結婚学研究所は以下のように分析している。

女性から見た浮気のボーダーラインは、「2人でデートをする」「連絡先を交換する」「連絡を取り合う」というような意見が多い。男性から見た浮気のボーダーラインは、「身体の関係を持つ」や「キスやボディタッチなどのスキンシップをする」が多いので、浮気については男性よりも女性の方がかなり厳しく見ていることがわかる。

こっそりと他の女性と二人で会ったり、連絡を取り合うということは、女性からすると「やましいことがあるのではないか」という疑いのきっかけを作る行為であり、そこからその女性と「恋愛関係に発展するかもしれない」と連想させてしまうのだろう。

ある意味、男性の浮気を未然に防ぐためにも、浮気のボーダーラインが男性に比べて厳しいのかもしれない。どんな行動をとったら浮気を疑うのか(疑われるのか)、相手としっかり話すことが円満な関係を続けるための1つの方法かもしれない。

※集計期間は6月16日から6月31日の計16日間、615人が回答

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。