人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ゼネコン、土木工事、建設業主要各社の2021年3月期決算は不透明または減収減益予想

2020.10.20

ヒューマンタッチ総研は、6業種別主要上場企業各10社の2020年3月期通期の決算から見る建設市場動向をまとめた。

2021年3月期については、各業種ともに新型コロナウイルス感染症拡大による業績への影響が懸念されている。

2020年3月期の決算は、6業種ともに好調な結果に

総合工事業(ゼネコン)

8社が増収となるも収益性は低下傾向、新型コロナウイルス感染症の影響もあり21年3月期は6社が減収減益予想

売上高は8社が前期を上回り、10社合計の売上高は前期を2.1%上回っている(図表①)。大林組とフジタ(単体)は過去最高の売上高となった。しかし、営業利益、経常利益は6社が前期割れ、純利益についても7社が前期割れとなっており、10社合計では営業利益が前期比2.5%減、経常利益が同3.4%減、純利益が同6.9%減であり、収益性は低下傾向にある。

2021年3月期の業績予想を見ると、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を織り込んだ数値を発表した7社のうち6社は大幅な減収減益予想になっており、厳しい経営環境が予測されている(図表②)。

【図表① 総合工事業主要10社の2020年3月期(連結)の実績】

出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

【図表② 総合工事業主要10社の2021年3月期(連結)の業績予想】

※「-」は未定   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

土木工事業

8社が増収増益となり好調な決算、21年3月期についても比較的落ち込みは小さい

売上高は9社が前年を上回り、8社が増収増益だった(図表③)。10社合計の売上高は前期比5.0%増、営業利益は同2.8%増、経常利益は同2.5%増、純利益は同14.0%増となっており、土木工事業界は非常に好調な決算となっている。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を織り込まない予想を発表した4社(NIPPO、日本道路、東洋建設、ピーエス三菱)では売上高が前期を上回る予想となっている(図表④)。

影響を織り込み済みの数値を発表した4社(大豊建設、川田テクノロジーズ、飛鳥建設、東亜道路工業)は前期割れの売上高予想となっているが、総合工事業ほどの落ち込みにはなっていない。

売上の中心となる公共投資による土木工事が堅調に推移すると見られていることから、2021年3月期についても土木工事業の落ち込みは、他業種に比べ比較的小さくなるのではないかと考えられる。

【図表③ 土木工事業主要10社の2020年3月期(連結)の実績】

※「-」は前期実績がマイナス   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

【図表④ 土木工事業主要10社の2021年3月期(連結)の業績予想】

※「-」は未定   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

電気設備工事業

9社が増収、5社が増収増益となり好調な決算、2021年3月期については不透明要素が多い

売上高は9社が前年を上回り、5社が増収増益となっている(図表⑤)。10社合計の売上高は前期比11.2%増、営業利益は7.7%増、経常利益は6.4%増。

純利益は8.7%減となっているが、これは協和エクシオ、ユアテック、中電工の3社で前期に特別損益として計上した経営統合に伴う負ののれん発生益によるものであり、売上高・収益性ともに電気工事業界は好調な決算であった。

2021年3月期の業績予想については8社が未定としており、新型コロナウイルス感染症拡大が業績に与える影響について不透明要素が多いと考えられている(図表⑥)。

業績予想を発表した電気通信設備工事大手2社では、コムシスホールディングスは売上高が前期比0.2%減、営業利益同2.4%減、純利益同1.9%減、協和エクシオは売上高が同0.1%増、営業利益同2.9%増、純利益同35.2%増としており、比較的堅調に業績は推移すると予想している。

【図表⑤ 電気設備工事業主要10社の2020年3月期(連結)の実績】

出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

【図表⑥ 電気設備工事業主要10社の2021年3月期(連結)の業績予想】

※「-」は未定   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

管工事業

6社が増収、5社が増収増益となり好調な決算、21年3月期については不透明要素が多い

売上高は6社が前年を上回り、5社が増収増益となっている(図表⑦)。10社合計の売上高は前期比2.2%増、営業利益は同12.1%増、経常利益は同9.6%増、純利益は同6.4%増となっており、管工事業界は好調な決算であった。

2021年3月期の業績予想については8社が未定としており、新型コロナウイルス感染症拡大が業績に与える影響について不透明要素が多いと考えられている(図表⑧)。

業績予想を発表した三機工業は売上高が前期比3.7%減、営業利益同15.7%減、純利益同14.2%減、日比谷総合設備は売上高が同10.4%減、営業利益同45.8%減、純利益同57.6%減と減収減益の予想になっている。

【図表⑦ 管工事業主要10社の2020年3月期(連結)の実績】

出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

【図表⑧ 管工事業主要10社の2021年3月期(連結)の業績予想】

※「-」は未定   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

住宅・不動産業

7社が増収、4社が増収増益となり堅調な決算、2021年3月期については減収減益の予想

売上高は7社が前年を上回り、4社が増収増益となっている(図表⑨)。10社合計の売上高は前期比1.2%増、営業利益は同2.5%増、経常利益は同2.2%増、純利益は同2.0%増となっており、住宅・不動産業界は堅調な決算であった。

2021年3月期の業績予想を発表した6社はすべて減収減益の予想になっている(図表⑩)。大和ハウス工業、三菱地所、住友不動産の3社では売上高を二ケタの減収と予想しており、新型コロナウイルス感染症拡大が業績に与えるマイナスの影響は大きくなりそうだ。

【図表⑨ 住宅・不動産業主要10社の2020年3月期(連結)の実績】

出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

【図表⑩ 住宅・不動産業主要10社の2021年3月期(連結)の業績予想】

 ※「-」は未定   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

プラント・エンジニアリング業

7社が増収、6社が増収増益となり好調な決算、21年3月期については減収減益の予想

売上高は7社が前年を上回り、6社が増収増益となっている(図表⑦)。10社合計の売上高は前期比5.8%減となっているが、前期はマイナスであった営業利益、経常利益、純利益がいずれもプラスに転じており、決算は改善傾向にある。

2021年3月期については、業績予想を発表した7社のうち4社が売上高は前期を上回るとしており、プラント・エンジニアリング業界では、新型コロナウイルス感染症の業績に与える影響はそれほど大きくないと見られているようだ。

【図表⑪ プラント・エンジニアリング業主要10社の2020年3月期(連結)の実績】

※「-」は前期実績がマイナス   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

【図表⑫ プラント・エンジニアリング主要10社の2021年3月期(連結)の業績予想】

※「-」は未定   出所:各社の2020年3月期決算短信より作成

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。