人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3人の若きビジネスリーダーに直撃取材!ビジネスシーンに新風を巻き起こすために必要なZ世代の力

2020.10.28

リアルZのビジネスリーダー

別名「ソーシャルネイティブ」とも呼ばれるZ世代。ここまで大人世代の視点から彼らについて様々な解釈を加えてきたが、当事者たちは自らをどう分析するのか。世代を牽引する3人の取材から、その真意を探った。

旧世代が太刀打ちできない圧倒的な情報収集力

 いつの時代も若い世代はポジティブであり、旧世代にはない新しい感性や情報発信力を武器に、社会を動かす流行やカルチャーをつくってきた。こうした〝若さの特権〟はあるにせよ、Z世代への期待度はかつてないほど高い。その理由のひとつが、物心ついた時からスマホがある「ソーシャルネイティブ」世代であり、SNSやYouTubeなどを使った独特の情報発信と拡散力を備えているからだろう。今回話を聞いた中で最年少、生粋のソーシャルネイティブである小澤杏子さんにSNSの活用状況を聞くと、現在日常的に使っているアプリは5つ。

「通常の連絡は『LINE』、娯楽、思い出記録は『Instagram』と『Snapchat』。情報や世論の傾向収集に『Twitter』を使っています。『Facebook』は活動記録や、モチベーション維持に活用することが多いですね」と、目的に応じてしっかり使い分けができているのも特徴。黒電話世代や、ガラケー世代にとって、未知なる情報収集力やその拡散力に注目が集まるのは当然のことだろう。

SNSのつながりで育んだスマートなコミュ力も強み

 SNSの影響は情報だけにとどまらない。オンライン空間で早い段階から多くの人とつながりを持ってきたことで、協調性を重視し、争いや無理強いを好まず、人の多様性にも寛容だ。冨田侑希さんが世代特徴としてあげたキーワード「共感、リベラル、多様性、グローバル、平等」などは、まさにこれに当てはまる。このピュアで真っすぐな人間性もまた、コンプライアンス遵守の現代社会に歓迎される理由といえそうだ。ちなみに、Z世代のLINEの平均友人数は187人(2018年マイナビ調査)。常に数人の仲間で群れていた旧世代とは、明らかに異なるコミュニケーション能力もZ世代の強みだ。

 一見、とても優等生的に感じるが、政治や環境問題にも関心が高く、私見をしっかり発信できるのもこの世代ならでは。「周りに流されず、自分の意見を自分の意見や考え方を持っている人が多い」という小川嶺さんの分析は、この世代の特徴をリアルにとらえている。ただ、多様性容認の世代のため〝Z世代〟とひとくくりにされることには若干の違和感を示す。Y世代と違い、SNSによって自然と身に付いた、それぞれの価値観を尊重する考え方が、世代でひとまとめにされることへの抵抗感につながっているのかもしれない。

 3名のオピニオンに触れて感じたのは、より良い未来を切り開く熱量の高さだ。スマートで情熱的なZ世代。無双化はもう誰にも止められない。

16〜21歳に聞いたZ世代の価値観 Best10

16〜21歳に聞いたZ世代の価値観 Best10

ミレニアル(Y)世代とかぶる部分もあるが、既成概念にとらわれず、つながりを大事にする姿勢、堅実志向はニュータイプといえる。
出典: Z世代会議「Z世代レポート2018」

グラレコ

冨田さん率いるdotがイラストやキーワードでZ世代を表現したグラフィックレコーディング(グラレコ)。

Z世代と企業をつなぐ様々なサービスを提供

冨田侑希さん

dot 代表取締役
冨田侑希さん(24)
1996年生まれ。大学3年時に受けた学習院大学客員教授で起業家でもある斉藤徹さんの授業をきっかけに、Z世代が集まる自主ゼミイノベーションチームdotで活動を開始。2017年の株式会社化に際し、21歳で代表に就任。dotの由来である「draw out our talent〜みんなの才能を引き出そう〜」を実現すべく、日々意欲的に活動する。

冨田さんのZ世代観

Q1. Z世代の特徴は?
共感、インスタ、リベラル、多様性、グローバル、変化のスピード、平等、サステナブル。

Q2. 共感できるZ世代は?
池江璃花子さん、藤井聡太さん。自分の好きなことに真っすぐなところ、夢中の輪の中にいて、影響の輪が大きい。一方でオフの時のゆるい一面が垣間見れて親近感がある。共感というか尊敬に近い。

Q3. 冨田流Z世代攻略法は?
攻略しようと思わない、「Z世代」とひとまとめにして見ないこと。興味を持って共感し、直接話を聞くのがいいと思う。

Z世代会議

商品開発コラボの「Z世代会議」や就活イベント「Z-1チャレンジ」、グラレコサービスなどを展開。

冨田さんへ3つのQuestion!

1. 影響を受けた人物は?
起業家で大学の客員教授だった斉藤徹さん。人生のスピード感や濃さ、物事のとらえ方などが全く違い、幸せな生き方やチーム作りをたくさん学んでいる。人生を180度変えてくれた運命の人。一緒に走ってくれる仲間たちの存在も大きい。

2. 若手起業家だからこそできること、やってみたいことは?
ひとりではできないことを仲間となら成し遂げられるというような、胸が熱くなることをやりたい。中でも、就活や会社の組織のあり方などに強い関心があるので、自分が疑問に感じることを、Z世代の価値観を生かして、アクションを楽しみたい。

3. 今、最も興味のあることは?
戦争。正直、遠い存在だったが、戦争の米粒みたいなものが今の社会に散りばめられているような気がしてきて、それが大きく見える化したのが戦争かもしれないと思ったら、すごく自分ごとに感じてきて、もっと学びたいと思うようになった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。