人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

獣医師のアドバイスが届くstepdaysのペットアプリ「ペット手帳」が総額2億円の第三者割当増資を実施

2020.10.08

stepdaysは、エコートレーディング、ファインシード、WiLが設置したWorld Innovation Lab Fund II, L.P.、博報堂DYメディアパートナーズの合計4社を引受先とする、総額2.0億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

第三者割当増資の目的

同社は、2019年から、動物病院の獣医師や専門家と一緒に飼い主とペットに安心の毎日を届けするスマートフォンサービス「ペット手帳」を提供。当アプリが持つ最大の特徴は、飼い主がかかりつけの動物病院を登録することで、病院からのお知らせやメッセージ、ペットの健康管理などに関するアドバイスを受けることができる。

それ以外にも、ワンちゃん・ネコちゃんの成長や季節に合わせた今週のコラム、お手入れ・しつけ動画、健康記録、ペットQ&A、今日のおともだちなど、多彩な機能やコンテンツを掲載している。

新型コロナウイルスの影響でペットの需要が高まると同時に、ペットフードやペットに関連するアイテムを購入するECサービスの利用機会も増えている。

その一方、飼い主が、「どのペットフードを食べさせたらいいのかわからない」「ペットグッズには、どんなものがあるのか、何を買えばいいのか詳しく知りたい」と言った購買に関する悩みや、「ペットの様子がいつもと違う気がする」「ペットの体調に関して聞きたいことがあるけど、誰に聞けば良いのかわからない」という、体調に関する不安の声も多く聞かれるという。

一方、動物病院においては飼い主の不安に寄り添ったサービスや満足度向上が求められる中、獣医師やスタッフの負担が増加しているという課題がある。同社は、こうした課題に取り組み、飼い主が安心してペットと暮らす毎日を提供することを目指すサービスだ。

今回、同社の「生活者と医療機関と企業をつなぐプラットフォームサービスを創る」という企業理念に共感した4社から資金調達を実施。

スマートフォンが生活者の暮らしの中で重要な役割を持ち、デジタル空間へのゲートウェイをそれが担う昨今、アプリの利便性を日々高めることが重要になる。

そのため、今回集めた資金を活用し、システム開発・幹部人材の採用を行ない、サービスの強化を図るという。

現在、同社のサービスに登録している動物病院数は、902施設、ユーザー数も約15万名(2020年9月1日時点)となり、サービスは日々拡大。

同社は、今後も飼い主の利便性を高めながら動物病院の“診察以外のサービス課題をデジタルで解決”することで現場の獣医師やスタッフが診察に専念できる環境を整え、業界全体に貢献するサービス創りを目指す。

【「ペット手帳」サービス紹介動画】

https://youtu.be/ND-3Ulc4XXU

関連情報:https://pet-techo.com/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。