人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経験者に聞いた「ブラック企業」への転職を回避する方法TOP3、3位選考時に質問・確認、2位口コミサイトの利用、1位は

2020.10.07

ブラック企業を実際に経験した人は、再度ブラック企業に転職することを避けるためにどのような対策を講じているのか。

今回キャリアバンクは、ブラック企業経験者を対象に「ブラック企業から転職する際に、どのような点に気をつけて会社選びを実施したか」についてアンケートを実施した。

「ブラック企業経験者」の3人に1人が求人の募集内容を細かくチェックしている

ブラック企業を避けるために対策したこととして最も多く(約31%)挙げられたのは「求人の募集内容を細かくチェックする」だった。

次いで「2位:口コミサイトを利用する(15.5%)」「3位:選考時に質問・確認する(15.0%)」「4位:知人に話を聞く・紹介してもらう(9.6%)」「5位:転職エージェントに相談する(5.3%)」という結果となった。

ブラック企業経験者の約3人に1人にあたる31%がブラック企業への入社を避けるために、(これまで以上に)求人の募集内容をチェックするようになったと回答している。

なお、具体的に求人のどのような点をチェックしているかは、各回答者がブラック企業在籍時に苦痛に感じていたポイントに連動している。

「会社の口コミサイトをチェックする」が2位にランクイン

2位は、ブラック企業ではないかどうかを把握するために、カンパニー通信のような会社の口コミサイトをチェックしたという結果になりました。各企業の採用サイトや転職サイトに掲載されている内容は参考にするものの、併せて会社の口コミサイトもチェックしているという方が多いようだ。

3位は「面接時・選考中に確認する」

3位は、面接で企業に訪問する際に、オフィスの雰囲気を感じ取ったり、面接官に気になってる点を質問したという回答だった。採用サイトや転職サイト、口コミサイトなどのネットの情報だけでなく、実際に自分の目で見たうえでその企業を見極めようとする姿勢も大切だ。

その他、転職エージェントに相談する・同族経営の企業は避けるといった回答も

ほかにも「よく知らない会社に転職するのではなく、知人に企業を紹介してもらう」「コンサルタントに相談ができる転職エージェントを利用する」「ブラック企業が多いとされる業界・同族経営の企業は避ける」といった回答が挙げられた。

ブラック企業への入社を避けるためにさまざまなルートで調べることが大切

「企業の採用サイト」「転職サイト」「会社の口コミサイト」「選考時に自分で確認」「転職エージェント」など、さまざまな方法を紹介したが、ポイントは一つの情報ソースだけに頼るのではなく、複数ソースを参考にするということ。

なぜなら、「企業の採用サイト」「転職サイト」は企業にとって都合のいい情報が多く含まれているかもしれないし、「会社の口コミサイト」に掲載されている口コミはその会社にネガティブな印象を抱えている人が書いているかもしれないからだ。

自分にとって会社選びにおいて譲れないポイントを明確にしたうえで、それを叶えてくれる会社かどうかを複数のソースを活用して検証することが大切と言えるだろう。

調査概要

調査方法 :インターネットを利用したアンケート調査
調査内容 :ブラック企業への転職を避ける方法に関する調査
調査対象者:ブラック企業経験者187名

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。