人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

第1回米大統領候補討論会は大混乱、東京市場はバイデン氏優位と判断か

2020.10.06

共和党のドナルド・トランプ大統領と民主党のジョー・バイデン前副大統領は11月3日に投票が行なわれる大統領選を繰り広げている。

米国の大統領選は長丁場で知られているが、『米大統領候補討論会』は選挙戦の流れを変える可能性のある終盤戦の山場となる。

『米大統領候補討論会』は計3回行われる予定だが、第1回は29日に中西部オハイオ州クリーブランドで行なわれ、テレビやインターネットなどで生放送された。

本国のみならず世界中からさまざまな見方や意見があがった第1回『米大統領候補討論会』。そんな『米大統領候補討論会』について三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

注目の『米大統領候補討論会』がスタート

現地時間29日夜、注目の第1回『米大統領候補討論会』が開催された。『米大統領候補討論会』は共和党と民主党の大統領選公認候補による公開討論会で、過去、多くのドラマを生んできた。今回は共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領との間で行なわれ、計3回開催される予定だ。

『米大統領候補討論会』では、政策内容だけでなく、表情や振る舞い、人間性など大統領としての資質をめぐり激しい応酬が繰り広げられる。トランプ氏は高齢のバイデン氏の判断能力と適格性を攻撃する一方、バイデン氏は新型コロナ対応など政策の失敗を指摘した。

バイデン氏は入念に準備し、落ち着いて対応

トランプ氏は攻め手に欠き、イライラする局面も

第1回となる今回は、保守系FOXニュースのクリス・ウォレス氏の司会のもと、「最高裁判事人事」、「新型コロナウイルス」、「経済政策」、「人種と暴力」、「気候変動」、「選挙の正当性」などのテーマについて、計90分間の白熱した論戦が交わされた。

バイデン氏はトランプ氏に対し、「新型コロナに関してやるべきことを行なわなかった」、「人種差別に対して無神経」と指摘したのに対し、トランプ氏はバイデン氏の息子の疑惑にこだわるなど攻め手に欠く展開となった。

また、バイデン氏が「この4年間、アメリカは悪くなった」と指摘すると、トランプ氏は「あなたは47年間何もしてこなかった」と激しい非難合戦となり、何度も論戦が中断された。特に、トランプ氏は司会者から「討論を妨害しています」と苦言を呈されるほど焦りがにじみでた。

【今後の展開】第1回『米大統領候補討論会』は乱戦。残りの討論会に期待

世論調査で劣勢に立つトランプ氏は『米大統領候補討論会』を挽回のチャンスとしていたが、第1回は入念に準備を行い冷静に対応したバイデン氏が優勢であったように見られた。

討論会直後の東京市場もバイデン氏優位と判断し、円買いドル売りが進み、主要株価指数は下落に転じた。今回の討論会は多くのメディアで史上最悪と評価されたが、『米大統領候補討論会』は10月15日、22日にあと2回開催され、10月7日には副大統領候補による討論会も予定されており、内容の濃い討論が期待される。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。