人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.15

SUP(スタンダップパドルボート)の世界大会がアジア初上陸、 大阪・中之島で「川」を舞台に開催・参加者募集! 大阪から世界へ! APP ワールドツアー大阪大会SUPオープンを9月開催

【ウォーターマンリーグ株式会社】

9月21日(土)・22日(日)、あなたの知らない大阪に出会う2日間!

ウォーターマンリーグ株式会社(東京都千代田区)は、SUPの世界公式大会であるAPP WORLD TOUR CITY PADDLE
FESTIVAL (エイピーピー・ワールドツアー・シティパドル・フェスティバル)を今年9月21日、22日の2日間、大阪の中心である中之島公園を取り巻く川を舞台に、ロンドン、NY、ブラジル、ハワイと世界を転戦するプロワールドリーグを開催いたします。
今大会は、世界で活躍するプロ選手のみならず、SUP初心者の方々も安心して参加いただけるカテゴリーを設けました。また会場となっている中之島公園・芝生広場ではSUP体験、ヨガイベントやミニ音楽ライブ、大阪エリアの美味しい食を集めたフードブースも設置し、幅広い年齢層の方々に楽しんで頂けるスポーツ+エンタテーメントイベントとして水都大阪を象徴する大会となることでしょう。





[画像1: https://prtimes.jp/i/44807/1/resize/d44807-1-677376-5.jpg ]


<APPワールドツアーに関して>
APP (Association of Paddlesurf Professionals)は、 2009年、元プロウィンドサーフィンのトリスティ ン・ボックスフォード氏を中心にスタートしました。世界から選抜されたスタンダップパドル(以下、SUP) のプロ選手、男女合わせて48名(2019年3月現在)が世界を転戦するワールドツアー で、ISA(国際サーフィン連盟)が公認するSUPの世界公式大会です。今大会では、SUPのみならず、ビッグウェーバー、ウィンドサーフィンなどあらゆるウォータースポーツのトップを走り続けるAPPアンバサダー、カイ・レニを筆頭に、2018年世界チャンピオン・アーサー・アルトキン、2017年その過酷さで世界を驚かせたサンフランシスコでの「レッドブル・ヘビーウォーター」で優勝したデンマーク出身のキャスパー・スタインファス、またSUP界の新風、現在世界4位につけている佐藤ゆか選手など、トッププロアスリートが集結しています。
APP は、SUPの認知度をより広げるために、2017年からこれまでのビーチでの大会開催から、世界各地のアイコニックな都市の「川」を大会に選ぶスタイルを導入し、ロンドン(テムズ川)、NY(ハドソン川) パリ(セーヌ川)など都市型のSUP大会を開催し、各国で大きな話題を集めました。大阪大会は、アジア初の世界大会となることから、世界各地の熱い視線が水都・大阪に集まることでしょう。


[画像2: https://prtimes.jp/i/44807/1/resize/d44807-1-430386-10.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/44807/1/resize/d44807-1-418277-11.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/44807/1/resize/d44807-1-943853-6.png ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/44807/1/resize/d44807-1-672369-8.jpg ]

<水の都「大阪」と出逢う>
大阪の中心には西は大阪湾、東は琵琶湖へと繋がる川が東西南北に流れていることから「水の都」と呼ばれ、商業・産業が発達し近代の大阪市の礎を築いてきました。また大阪市中心部に位置し東西に伸びる島「中之島」は大阪市役所、国の重要文化財である大阪市中央公会堂、東洋陶磁美術館など行政および文化拠点です。古くは熊野詣でのスタート地であった中之島は、日本三大祭の一つ「天神祭」の開催地でもあり、歴史深い桜並木と緑豊かなこのエリアは人々が集う場所として愛されています。都の中心をクリークのように川が張り巡る大阪は、「川」と人々の暮らしが密接であること、中之島を流れる大川ではすでにSUP体験レッスンや水上さんぽ、水上運動会といった水上アクティビティが定着していることもあり、APPワールドツアーが目指す「都市型SUP大会」に最も適した街として、 2019年9月、アジア初の大会が大阪で開催することが決定しました。 大阪大会では世界を転戦す

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。