みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >スマホ特集
  3. >今すぐできる!活用術
  4. >Android>家電と連携させる
  5. >Android/Androidをリモコンとして使う
  • 最新記事
  • レビュー
  • トリセツ
  • 活用術
  • Wi-Fi
  • アプリ

Android/Androidをリモコンとして使う(2012.02.03)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • Clip to Evernote

家電とAndroidスマートフォンの連携が徐々に進んでいる。その最先鋒ともいえるのが「テレビリモコン」だ。Androidスマホの画面をタッチしたりフリックしたりして、家庭のテレビをリモート操作する。ここでは、そんなAndroidをリモコン化してテレビ操作できるようにするアプリ3種を紹介しよう。いずれも家電メーカー純正のアプリだ。

さらに、ここで紹介しているリモコンアプリはそれぞれ、普通のテレビリモコンのようにテレビに向けて赤外線信号を発射する仕組みではない。操作対象となるテレビがWi-Fiもしくは有線で家庭内LANへの接続が可能な「DLNA」規格に対応していて、スマホは家庭内LANをWi-Fi経由で操作信号を送信する。そのため、普通のリモコンのようにリモコンの先(赤外線送信部)をテレビに向けることなく、通常のAndroid操作スタイルのままでテレビを操作できるのだ。

つまり、アプリをインストールするAndroidスマホは、赤外線機能を搭載しなくてもいい。逆に操作するテレビはDLNA対応モデルに限られる、ということになる。当該モデルを持っている人ならぜひ試してほしい。

 

 

○RZタグラー

東芝が提供するAndroidスマホリモコン。レグザシリーズと一部のBD/HDDレコーダーの操作に対応する。

 

東芝Androidスマホリモコン1

東芝Androidスマホリモコン2

 レグザシリーズに付属するリモコンを忠実に再現したデザイン。

 

ジェスチャーモード

「ジェスチャーモード」では、指先をスライドさせるジェスチャー操作が可能。

 

メインメニュー

 これがメインメニュー。このRZタグラーでは、「タグリスト」がレグザ(HDD録画対応)で録画した番組の操作をより簡単にする。

「タグリスト」とは、録画した番組を「タグ」(いわゆるチャプター)で区切り、そのタグにコメントを書いてリスト化したもの。タグを使えば、録画した番組の各シーンの頭出しができるというわけだ。

 

タグリスト

録画番組のタグリストは自分でつくることもできるが、ほかの人がつくったタグリストをダウンロードして利用することもできる。すでに「タグリスト職人」ともいえるユーザーが活躍しており、Twitterでタグリストを公開している。もちろん自分でも公開できる。

RZタグラーにはTwitterのクライアント機能が統合されているので、直接Twitterにハッシュタグ「#taglist」投稿できる。そのため、有志がツイートで日々タグリストを公開している状態だ。これは使わないテはない。また、ツイートされたタグリストによる各種ランキングも集計されていて、いろいろと楽しめる。

 

 

○VIERA remote

パナソニックが提供するAndroidスマホリモコン。ビエラシリーズの操作に対応する。

 

パナソニックAndroidスマホリモコン1

Androidスマホリモコン2

リアルなリモコンとはちょっと異なるデザインのリモコン画面。

 

ジェスチャー操作

リモコンのボタン部分を収納すると、ジェスチャー操作が可能。ジェスチャーを覚えれば、Androidスマホの画面を見る必要もなくなる。

 

 

○Media Remote for Android

ソニーが提供するAndroidスマホリモコン。ブラビアシリーズに対応する。

 

ソニー フルリモコン

いくつかのリモコンを画面下部のタブを切り替えながら使える。これは通常のリモコンを模した「フルリモコン」。

 

ソニー シンプルリモコン

上下左右のフリック操作でチャンネルや音声を操作する「シンプルリモコン」。

ほかに画面上のカーソル操作を可能にする「フリーカーソルリモコン」や、文字入力を可能にする「キーボード」などを搭載。ブラビアでインターネット接続してYouTubeなどを視聴するときに便利な機能だ。

 

キャッチ&スロー

さらに、ブラビアとAndroidスマホの間でURLをやりとりする「キャッチ&スロー」機能も搭載する。

テレビリモコンだけでなく、今後はさまざまな家電とAndroidスマホが連携していくことが予想される。それらについては追々紹介して行こう。

 

  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。