みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >覚えておきたい「むくみ食材」とむく…

覚えておきたい「むくみ食材」とむくみを解消する食材(2017.01.11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

意外と知らない「むくみ食材」と「むくみ解消食材」

正月太りといえば、運動量が低下することが多いことから、下半身のむくみが気になっている人は多いのではないだろうか。塩分が多い食べ物がむくみやすいことは一般的に知られているが、塩分が多いと思っていない食材や意外なむくみを促進する食材もある。また、むくみが解消できる食材も併せてチェックしておこう。

■正月太り解消の第一歩「むくみやすい食材」を避けるべし!

意外と知らない「むくみ食材」と「むくみ解消食材」

正月明けに体重が増えたら、まずは下半身のむくみがないか確認してみよう。むくみとは、体内の細胞組織中の水分が過剰になりすぎた状態。つまり、体が水分を余分にためこんでいるのだ。

むくみがあると当然体重が増えるし、見た目も太くなる。また、靴やズボンがきつく感じられ、何かと不便が増える。このむくみを解消するためには、まず水分をためこむ食材を避けることを意識したい。

特に塩分が過剰になると、ナトリウム濃度を下げようとして、身体が水分を欲しがるようになる。そして同時に、なんとか水分を排出しまいとふんばり、水分をためこもうとするのだ。そこで生じるのがむくみである。

塩分の多いカップ麺や、そばやうどんなどのめんつゆ、味噌汁、漬物、醤油のかけすぎには気をつけたい。

味の素の「からだごはんラボ」によれば、握り寿司や天丼、カレーライスにも意外と塩分が多いという。特にうどんのつゆなどの薄味と思われるきつねうどん(一人前)も、塩分5.3gと、カップ麺(100g)の塩分5.5gとほぼ同じくらいなので気を付けたい。

また、ハムなどの加工食品も、知らずのうちに塩分を取りすぎるので注意しよう。

実は、塩分の他にもむくみやすいといわれる食材がある。それは「砂糖」だ、砂糖を摂取すると体内に水分が滞り、ためこまれやすくなるといわれている。また、体を冷やす作用もあるため、体温が低下し、代謝が悪くなる傾向も。できるだけ控えるようにしたい。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。