みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >マクロ撮影に役立つアクセサリーでオ…

マクロ撮影に役立つアクセサリーでオリンパス『STYLUS TG-4 Tough』が最強のタフカメラに変身!(2017.01.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

オリンパス『STYLUS TG-4 Tough』『FD-1』

オリンパス『STYLUS TG-4 Tough』
オープン価格(実勢価格約4万2000円)
『FD-1』7500円

『TG-4』は防水、防塵、耐衝撃、耐低温、耐荷重のタフ性能に加え、F2.0の明るいレンズを搭載し、暗所撮影にも強い新型『Tough』。有効画素数は1600万画素。●幅111.5×高さ65.9×奥行き31.2mm、247g。『FD-1』は『TG-4』専用フラッシュディフューザー。使用可能焦点距離は5.5〜18mm(35mm換算30〜100mm)。●幅80.6×高さ60.7×奥行き19.8mm、20g。

 安くても良いもの──。今回の特集企画を思案中にかなりいいものを見つけました。それはタフ性能に優れたコンパクトデジカメ、オリンパスの『STYLUS TG-4 Tough』とその専用のアクセサリー『FD-1』。昨年5月に発売になった『TG-4』はおなじみの卓越したタフ性能に加え、暗所撮影にも適したF2・0の明るいレンズも搭載する人気モデル。山や海などで安心して使えるだけでなく、マクロ撮影機能も充実。草花や昆虫などアウトドアの撮影の楽しさを教えてくれます。

 この専用アクセサリーとして登場したのがフラッシュディフューザー『FD-1』。『TG-4』(※)のレンズ周りに装着。これで配置された白いリングにストロボの光が拡散。マクロ撮影で狙った被写体を明るく照らし、その背景との露出の差により、被写体は明るく鮮明に、背景は暗くするなどの演出が可能です。おかげでマクロ撮影の幅を広げ、創作意欲は増すばかり。

 厳しい環境下でもタフな性能を発揮し、狙った被写体を高画質で残してくれる『TG-4』+『FD-1』。手持ちのコンデジがアクセサリーでさらにパワーアップ。当然、普段撮りにだって頼れる存在でいてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA『FD-1』を使用して花を接写 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 通常のフラッシュ撮影
写真左は『FD-1』を使用して花を接写。通常のフラッシュ撮影(写真右)に比べ、背景が暗くなり、花の色が際立つ写真になる。

『FD-1』はコンパクトなので『TG-4』とともに持ち歩ける
『FD-1』はコンパクトなので『TG-4』とともに持ち歩ける。使用時には『TG-4』のレンズリングを外し、そこに装着。

※『TG-4』のファームウェアをVer2.0以上に更新する必要があります。

文/編集部

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。