みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >犬が寝言を言うのはなぜ?

犬が寝言を言うのはなぜ?(2016.12.29)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

■連載/ペットゥモロー通信

犬の寝言のメカニズム

4-28

犬には人間と同じように、ノンレム睡眠とレム睡眠があります。

人間のレム睡眠は、身体は寝ている反面言語を発する指令を出す脳が起きています。そのため、夢を見ている時に夢の中で発している言葉が寝言となって出てくるといわれています。

対して犬の寝言のメカニズムは人間とは少し違っており、犬はレム睡眠の間に、その日の出来事などの記憶を整理しているといわれています。記憶の整理は犬の脳にとって少しストレスになるので、このストレスを溜め込まないようにするため寝言として出しています。

記憶を整理している中で、人間と同じように楽しいという気持ちや、怖いという気持ちから寝言が出る場合が多いといわれています。中には寝言だけではなく、しっぽや手足を動かすような子もいるようです。

寝言や身体が動いていると、起こしたほうがいいのではと思うことがありますが、寝ている間の記憶の整理によってストレスを解消している犬を起こすのは、あまりおすすめではありません。

夢で冒険しているのかな、と思ってそっと見守ってあげてくださいね。

文/大原絵理香ペットゥモロー編集部

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。