みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >子犬を飼うことになったら、まずは便…

子犬を飼うことになったら、まずは便検査を!(2016.05.16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

■連載/ペットゥモロー通信体力のない子犬が、気をつけなくてはいけない病気とは寄生虫による病気は、1歳未満の子犬になりやすい病気の1位とも言われており、その中でのとくに起こりやすいのが「コクシジウム症」という病気です。この「コクシジウム症」は、寄生虫が腸内に寄生することにより、下痢・脱水症状・血便・嘔吐・食欲不振等の症状を引き起こします。子犬が家にくるまでのルートですでにこの病気に感染していることも多く、万が一下痢等の症状が見られたら早急に獣医師さんに相談をすることが必要です。またこの寄生虫は胎盤を通じて子犬に感染するため、母犬が感染していればほぼ100%の確率で子犬も発症すると言われています。...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。