みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >『金沢カレーコーラ』は『富山ブラッ…

『金沢カレーコーラ』は『富山ブラックサイダー』を超えるヒット作になるか?(2016.04.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

「金沢カレー コーラ」「富山ブラック サイダー」…ご当地炭酸飲料はどうして生まれた?

金沢カレーや富山ブラックラーメンなどは、全国的にも有名な北陸が誇るご当地フードだ。これらが炭酸飲料となって登場しているのをご存知だろうか。これらの炭酸飲料を次々とリリースしているトンボ飲料に、それぞれの開発意図やこだわった点などを聞いてみた。

■石川県が生んだ「金沢カレー」がコーラになって新登場

金沢カレー コーラ

去る2016年4月1日に発売になった『金沢カレー コーラ』。ちょうどエイプリルフールだったからといって、決して嘘ではない。本当に、あの石川県が誇る、「金沢カレー」が、コーラのドリンクとなって発売されたのだ。

金沢カレーといえば、濃厚なカレールーの上に、BIGなトンカツとソースがでんと乗り、千切りキャベツが添えられた独特のカレー。銀色のステンレス皿に盛り、フォークか先割れスプーンで食べるのが流儀だ。

このたび「コーラ」になったのは、何の間違いもなくこの金沢カレーなのである。「どこらへんが?」と気になるところである。そこで、トンボ飲料の製品広報担当である、金田卓さんに『金沢カレー コーラ』の真相を聞いてみた。



「金沢カレーの炭酸飲料化を考えたときに、一般的に好まれる、カレーとコーラの取り合わせがいいのではと思い、コーラを選びました。基本的にはコーラですが、風味・フレーバーが金沢カレーになっています。よく、『カレー味のコーラってどんな味?』と不思議がられますが、100年以上炭酸飲料を手掛けてきた我々としては、普通にコーラを作り、それに経験と技術を駆使して、金沢カレーのフレーバーを付け加えました」(トンボ飲料・金田さん)

どうやら、コーラにカレーの味がするわけではなく、普通のコーラの味わいに、風味づけとして、金沢カレーが使われているようだ。

そのこだわりのポイントはどこにあるのだろうか?

「特にこだわったのは、金沢カレーの “らしさ” を、飲料で再現することです。まずは基本となるコーラの甘さ、爽快感をベースに、それに金沢カレーの特徴や良さを加えて、カレーのほか、ソースの風味、少々のとろみ、それぞれが喧嘩をしないよう、うまくまとめることにこだわりました」(トンボ飲料・金田さん)

実際、飲んだ人からはどんな反応が寄せられているのだろうか?

「金沢カレーを食べたことのある方からは、『ソースの香りをうまいこと再現してるね』などのお声をいただいています。金沢カレーを知らない方でも、『意外とちゃんと飲めるね』とおっしゃってくださいます。ただ、圧倒的に男性に人気で、少々女性受けがよくないところはありますね。北陸の高速道路SAや、道の駅の売店で販売していますので、地元・北陸の方に加え、県外からお越しの観光客の皆様に飲んでいただいています」(トンボ飲料・金田さん)

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。