みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >大ヒットぬりえ『きいちのぬりえ』に…

大ヒットぬりえ『きいちのぬりえ』にみる昭和の懐かしいペットたち(2016.03.26)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

■連載/ペットゥモロー通信ぬりえ作家、蔦谷喜一(つたや・きいち)さんも大の犬好き、猫好きでした昭和20~30年代に、少女たちが夢中になった「きいちのぬりえ」をご存じですか?当時、子どもたちが学校帰りに集う駄菓子屋で、ボールやなわとびなどの玩具にまじり、袋の中に入って売られていました。B5サイズよりひとまわり小さなサイズで、ざら紙に印刷されたぬりえが8~12枚入って1セット。昭和23年頃で一袋5円。これに少女たちが夢中になり、月に平均して100万セット、多い時は160万セットもバカ売れしたのです。人気の理由は、なんといっても蔦谷喜一(つたや・きいち)さんが描いた少女の愛らしさ、群を抜いたファッシ...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。